人種差別というこの文字面からもう重いのですが

実際15年オーストラリアで生活してどう感じるかというと「なかなか一括りにできない」

という思いが結論としてあります。

というのは私は割とオーストラリア人の友人が多いのですが彼らといるとオージーもまた不愉快な目にあっている(オージー同士で)という事がわかるとどこまでが人種差別なのか、それとも彼らの文化として人に対して雑なサービスからの苛立ちなのか定義が難しいというのが本音です

つまりそれは

差別だったのかそれとも区別だったのか

怠け心からくる面倒くささだったのか

 

オージーはわりと感情を粗野にむき出しにするシーンがあり、それに対して女でも男でも食って掛かるシーンというのは結構あります。

 

そして喧嘩の後はまたそのまま生活に戻っているというような。

国民の意識として日本人だと「恥」がキーワードになることが多い気がしますが

こちらは「フェア」である。という事が大事みたいで「フェアじゃない」と言い出すとお互い激してるイメージがあります。ツーンとしたバスドライバーに「That’s not fair(それはフェアじゃない(ずるいわ))」なんていったら凄い食って掛かってきます。(俺のどこかフェアじゃないんだ!みたいな)

何か不愉快な目にあったときに「これは差別なのか」それとも私がよく感じるのは

ちょっとした努力も相手にしてやりたくないって人がいます。でもこれはもしかすると日本にいる時の自分もそうだったかもしれない鈍感さなのですが。

つまり相手がお客様だったりするとアクセントの強い言語を話していても「聞き取る努力」をすると思うのですが忙しい日常で、ビジネス関係ない相手だと「え?(めんどいなー)なになに?」という対応をしてしまい

これが「差別」だと言われるとちょっと荒っぽい気がします。

そんな大きな心で今これを書いていますが正直未だに一年に一回はこのオーストラリア生活でがっくり来ることはあります。

でもそういう時「これは差別だったのか?それとも・・・」って考える事で

一方的な被害者意識から脱することが出来て自分の為に良い気がします。

立場を変えて考えてみましょう。

親友のタニヤと日本に行った時タニヤがいきなり変な顔をしてデパートで立ち止まりました。

「どうしたの?」と聞いたら「さっきのおじさんが私にこういうジェスチャーをした」っていうのでやってみてとみせてもらったら「お先に失礼します〜」ってあの手を胸のあたりで突き出すジェスチャーの事だったらしく

「ああそれは”先に通らせてもらいます”っていうジェスチャーで悪い意味はないよ」って教えてあげても

「でも彼は笑顔がなかった・・・」って傷ついてるんですよね。

いや、おじさんがニヤニヤ笑顔でそのジェスチャーするほうが変じゃないと思うのですが

彼女からすると目が合って何かを相手に伝える時、表情は笑っていないのに手だけ動いているのが不気味に感じたのでしょう。

夫のジャスティンは逆で、そういうジェスチャーを「今度使おう!」って感じで習得していくタイプで

この2人の日本滞在の違いを見ると

どちらが良い悪いではなくヒントにはなります。

笑顔でお先に〜のジェスチャーをするおじさんを見つけるのは難しいけど

自分がそのジェスチャーからくる日本の人間関係の文化を身に着けたほうが

心の健康にいいというか?

本当に人によるんですよね。

なので日本で「オーストラリアは差別どうですか?」って聞かれた時は「無いとは言わないけど悪くはないです」って答えてます

色々な事に驚きつつも蕎麦の美味しさに気が付き毎日蕎麦&蕎麦湯を飲んでたタニヤでした

私の特技は片手で荷物を持てば大体何キロか当てる事が出来ます。

これは重量制限と戦ってきた歴史に培われた意味のない特技ですが…

約半年に一度日本からオーストラリア、オーストラリアから日本と行き来を繰り返していますが

多い時はそのサイクルがもっと早くなりその際一番ストレスに感じるのは「荷造り」です。

カンタス航空は上限30キロ。

日本からオーストラリアへ戻る際「お引越しですか?」と声をかけたくなるようなダンボールを搭乗手続き時にゴタゴタしているのは何も中国人の爆買いだけではありません。在外日本人もそういう感じになります。というかそれは私です。

言い訳させて頂くとまず日本画の道具が重いのだと思います。

画材がなにせ全部重い。

絵の具を作るお皿も全部陶器、色は全部粉物。(中身は石)

という世界でまず基本重量が12キロくらい引いて私に残されている容量はおおよそ18キロです。

あれもこれもと考える事、それ自体がストレスになり昨年ある方法を思いつきました。

「明日出張だ!」といわれても「あ、そう?」くらいのストレスで日々生活すればいいのだと思いついたのです。

化粧品も基礎化粧もすべて持ち運ぶことを前提に買う。

というわけで

準備するものはよく雑誌の付録についてくる箱型のポーチです

基礎化粧編

よく付録についてくるこれです。

試行錯誤の結果これだけでいいような気がしています

 

 

 

メイク編

メイクものは常備薬も入れるのでちょっと大きめ

成田空港へ降り立ったり他の外国へいっても対応できる厳選の品です

 

大人の女性として物が少なすぎる感もありますが

この旅行を前提として物で通常生活を過ごす事で荷造りという選別大会みたいな時にも「あ、あれをそのままもっていけばいいのか」となんか安心するんですよね。

この箱型ポーチも日本でもオーストラリアでも例えば他の国のホテルでもこのサイズであればバスルームにいつものように置いて使えます。

同様にこの「すぐ持ち歩けるポーチに入れる」方式で下着もクローゼットにこのまま入っています。

で、荷造りの時はこのままトランクにいれてぎりぎり18キロという感じ。

後はもうそれぞれの現地で対応すること。

ちなみに基礎化粧品の少なさに驚かれた方もいるかもしれませんが

これで本当に大丈夫です。

 

真っ暗な午後3時。皆さんこんにちは。

なぜ真っ暗なのかというとこれから大型のストームが来るからです。

ストームとは、雷を伴う嵐で、台風とも違う低気圧おばけのような雨雲が覆い尽くし、ぬるい風が吹きあれ雨が集中的に降ったりする自然現象ですが

そろそろ来ますねこれは・・・もう遠くの方で「ゴロゴロゴロ…」と聞こえます。

奥さん洗濯物取り込み忘れてますよ〜

 

こんなどんよりした午後の話題と言えばスピリチュアルなお話かなと思いました。

私を知っている方はもう既にご存知だと思いますが私は自他とも認めるスピリチュアル好きです。

そういう「不思議な世界に興味がある」というレベルではありますが

でも頭のどこかでは超自然的な話を信じきれない自分がいるというタイプでもあります。

霊感などは全然なく多分勘もそれほど鋭いタイプでもないでしょうが、多分人間に興味があるのでそれに比例してスピワールドも好きなのでしょう。

以前バリ島の有名なバリアン(祈祷師)の人に診てもらいたい!という事で高齢の祈祷師さんの前に横になったら「あんた、私の事を信じていないね?信じてないと何もかもうまくいかないんだから」とずばり当てられて「え!当たってる!」と思ったんですが

私の顔に「ひやかし」とでも書いていたのでしょうか。

でもなかなか良いセッションでした。

じゃあ帰りましょう。テリマカシーみたいな感じでタクシーの戻ると

「俺はこんな商業バリアンみたいな人よりもっと凄い人を知っている」とドライバーのおじさんが話し始めました。

ここよりもっと田舎のほうに日本人のお坊さんがいるんだという話で

そのお坊さんはまだ20代の日本人男性なのだそう。

旅行でその村に訪れた時、先代の村のお坊さんに見込まれてお前が次を継ぐのだと任命されたのだそうで

村で修行していたけれど流石に帰りたくなり、村から出ようとすると出られないのだそう。

日本に帰りたいと願っても何かしらの理由でバリ島を出られない。まさかと思いなんとか強引にエアチケットもとってさあ搭乗しよう!と思ったら今度は飛行機が飛ばなくて、いよいよ観念してその村に収まっている人がいる。

バリ島の人たちもさすがに飛行機まで飛ばないとは凄い!みたいになって噂として流れてきたのだ

という話を聞き「え!その日本人男性に是非お会いしてみたい!」とお願いしたんですがウブドから片道2時間から3時間かかると言われて断念したのですよね。

こういう南国特有のむわっとするようなお天気の時になると「その20代の男性は今ごろバリ島で何をしてるのかなーそれともそんな日本人は本当はいないんだろうか…」等と思い出します。

台湾、ヨーロッパ、オーストラリア、日本、アメリカ色々な国のスピリチュアルマスターに実際会った私ですがここ最近思うのは力のある占い師やヒーラーって人間力が異常に高い人達なのかもしれないと思っています。

実際チャーミングな人が多いし、語彙、経験が豊富なタイプが多いです。

そういう人間力の高い人にたまにあって「まだまだ面白い事はたくさんあるのかも」と感じるワクワク感が好きなのかもしれません。

 

スピリチュアル系画像がないのでこの前のったガルーダ・インドネシアのスクリーンの写真を…機内ヨガというチャンネルがあってなかなか良かったです。