暑いTTの思い出

2019-03-12 / Yoga

だいぶ過ごしやすくなってきました等と3月3日ころにつぶやいていた気がするのですが

本日42℃…暑いなんてもんじゃないブリスベンです。

暑いというよりもう焼かれてる感満載ですがここまで暑くてもエアコンが無い家もわりとあります。

寝室だけエアコンが入っているなどの家もあり

こういう日どうやって過ごしているんでしょうか。(暑さに弱い方でワーホリや留学に来る方、自分の部屋にエアコンのある無しは大変大切なチェックポイントですよ〜)

こういう暑い日にティーチャートレーニング(TT)の最終日を必ず思い出します。

その日もこんな日で私とコリーンはできるだけ窓の近くにマットを敷きクラスが始まるのを待っていました。

教室の中はエアコンは小さな物が2つ。がしかし動いておらず大きなファンがいくつも天井の上でまわっていますが

空気は水を含んだようにぬるく重苦しい空間でした。

コリーンは50代のアメリカ人でお互い外国人でTT初チャレンジ組という共通点と家が近かったのでなんとなくお互い近くにマットを敷き仲良くしていました。

先生が「今日は最終日なので私達が習った全てのポーズを全部ノンストップで続けてこのTTを終わりにしたいと思います!」ということで全部で何ポーズだったのか忘れてしまったのですがトータルで二時間半、ノンストップで続ける事になりました。(本当はヨガのポーズというものは1万以上だとか色々言われていますが大体は150〜200前後あたりが実際できる形だと習いました)

最初スタートしたあたりは良かったのですがだんだん最初は笑って「ロックンロール!」などと張り切っていたオージー達もしだいに無言になり

90分で一度休憩が入りました。

コリーンが「暑いし喉が乾くしまだ半分なの…」と疲れている様子ではありましたが

後半戦に突入

始まって20分くらいでコリーンがバターンと倒れてしまったのです。

顔面蒼白なコリーン

これは熱中症だとなり頭に水をかけ先生が応急処置をはじめました。

「窓もドアも閉めて!」というので皆で閉めると先生がおもむろにエアコンのスイッチをオンにして

あの時その部屋にいた全員が「エアコンあったんだ…」と同じ意識にまとまった手応えがありました。まさに言葉はいらないといった共有感。

すずしい風を感じコリーンの目も覚め

やれやれ・・・という形でTTが終了。

ちょっと思っていたような感動的フィナーレではなかったです。

私とコリーンは帰宅途中、アイスクリームでも食べて無事終わったことを祝う事にしました。

アイスクリームを食べながらコリーンが「さっき凄く不思議な体験をしたの。

私が倒れている私と皆を天井から眺めている体感がしっかりあったわ」と言うのです。幽体離脱!!!

え〜幽体離脱って世界共通な感じなんだ〜と内心ワクテカな私。

あの暑さで同じような動きを延々繰り返しているうちにトランス状態になったのかもと。

そんな事ってあるんでしょうかね?

ヨガの先生は「エアコンでは風を感じられない」などといってエアコンを止めていましたが

多分あの教室内は40℃近くあったし

なんだか大変なTTだったなとしみじみと思い出します。

(そんなコリーンも今はシンガポールに引っ越し会えなくなりました)

暑い日になると思い出す私のオーストラリアの思い出の一つです。

当時TTを受けたのはBrisbaneのshiriyogaというスタジオです。私の先生はジュリーという先生でした

正直今だから言えますが、あのヨガの音楽と暑さでやや思い込みの激しいコリーンが見た幻覚じゃないかと思ってます…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、月曜に地元のグローサリーショップへ行くと帰り際「Happy Monday!」とか聞くんですけど聞きませんか?

つまりもう週末が終わってしまって辛くて辛くて月曜か…でも案外Happyと言い続けていれば気持ち的に乗り越えて気がつけば木曜日くらいになってたりして!?という心理からこの呼びかけが始まったのかもしれません。

 

ところで今日のお題はヨガ。

私とヨガの付き合いはそろそろ10年を超えそうですが

日本滞在時はずっとバレエをしていてヨガはやったことはありませんでした。

日本では大人バレエ教室はわりとあるお教室だと思いますが

こちらブリスベンでは14年前くらいにはあまり見つからなかったんですよね。子供向けのものはあるけど大人向けは数がありませんでした。

当時絵の学校には通っていたのですが皆それぞれの絵に集中しているので友人もなかなか出来ず

ヨガスタジオならどこにでもある為、「バレエをしていたから身体は柔らかいはず…」と近所のヨガクラスに通い始めました。慣れない海外生活の中で自分に向き合うヨガは思いの外自分を助け、そこからは

どんどん興味が出てきてTT(ティーチャートレーニング)に参加して…と

人間関係も広がってワークショップに参加したり、オーストラリア生活が充実してきた感覚があります。

そういうわけなので私はオーストラリアに来てから英語でヨガを知ったタイプです。

以前にもどこかで話した事があると思うのですがオーストラリアは多民族が暮らしており、国際的ではありますがよく「日本人はすぐに群れる!」とか聞きますけど実はどこの国の人たちも同じ国の人同士で群れています。

群れはするけど、そのうち周りに馴染んでいくという過程ではないでしょうか?

なのでもし、なかなかオーストラリア人の友人が出来ないなと感じている人がいたら私はヨガクラスをオススメしたいです。

というのは、ヨガにくるオーストラリア人はたいていアジアに興味、リスペクトのある人が多いし

海外旅行に行ってる場合も多いため馴染みやすいと思うからです。

私も最初コミュニュケーションに自信が無い時、ヨガという共通点でだいぶ助けられた思い出が。

今はブリスベンにも日本語を話せる日本人のヨガの先生もいらっしゃるようでいつか参加してみたいと考えています!

 

古い友人のタニヤは実はこの初めて通ったヨガクラスの当時先生をしてくれていたという出会いなのですよね〜
懐かしい!

 

ブリスベンは365日中360日天気が良い!などと大風呂敷を広げている街ですが

実際天気はいいです。

天気が良すぎて雨が足りず「シャワーは一人5分まで」と砂時計を各市民に送ったりするのんきさですがここ最近は以前よりは雨も降りダムに水も蓄えられているそうです。

そんな天気の良いブリスベンなのでヨガやその他のアクティビティも盛んです。

この季節お天気が良い朝なんか本当に気持ちが良い・・・良いんですけど

ヨガに行ってスタジオ内が混んでくるといきなり先生が「ok!今日は庭も開放しましょう!」とかいってバーンと窓をあけ庭にもマットを敷いてレッスンスタートという事が私の行っているヨガスタジオでは恒例で起こっていて

それをされると本当に辛い・・・

というのはオーストラリアには「ミジー(サンドフライ)」と呼ばれる日本でいうところのブヨ(ぶゆ?)みたいな目に見えないようなちーーーいさいハエのような形の毒虫がいるんです。

蚊のように目に見えないし音もしないためふわふわ・・とチリのように動きながら刺している(噛んでいる?)ために気が付かず

しかも刺された初日はちょっと赤くなるくらいで気が付かないというところが恐ろしいのです・・・

翌日さらには3日後くらいにばっちり赤くなる。そして猛烈な痒みが来てその痕は全く消えないという恐ろしい虫がいるんですが

大体夏場は庭や海あたりに必ずいます。

観光客の人で蚊に刺さられたのかとムヒなどを塗って悪化した人を知っていますがムヒなんかでは治りません。

ステロイド軟膏や抗生物質で傷の悪化を抑えてくださいね。というくらい小さい体に見合わず凄い毒の持ち主なのです。

オージーでもミジーに激しくリアクションする人はいるようで刺され続けると免疫が出来るとは限りません。

以前本気でミジー対策を考えオーストラリアの虫について調べていたら「昔の文献にはサンドフライは石油の匂いが嫌いなので石油を肌にのせるか少し飲むか・・・どちらにしても難しい」と書かれていて

結論としては「難しい」というわけで解決していないし石油なんて飲んでいたらミジーより私が先に死にそうです。

その昔オーストラリアを発見した探検隊の人がこのミジーについて書き残していたそうで「こんな虫とは共存できない」と書いていたそうなのでその時代から忌み嫌われているミジー。

がしかし大半のオージーは刺されてもそこまで赤くならず気にしていない様子。

なのでアウトドアも大好きだしヨガも外の空気を思い切り吸って!とかが出来るのですが

ヨガはしたいがミジーは怖いという私は出来る限り室内のマットを死守して参加しています。

このミジーに関してはなかなか対策は難しいのですができるだけ肌を露出しない、またはオーストラリアの薬局に売っているインセクトスプレーでToropical strength と書かれている虫除けを買うのがオススメ。

これでだいぶ違います!

 

 

雨が降ったりやんだりのブリスベンです。
こうしてシャワーのように短い時間雨が降った後にギラギラとした太陽が顔を見せる感じなんかはバリ島にいるような錯覚を覚えますね。
さて本日はオーストラリア発のヨガウェアブランドのご紹介です。
Shake Your Buddha (シェイクユアブッダ)というブランドで元々はヨガ教室オリジナル商品を作り始めてから人気がでてブランド設立となったようですね。
まだまだ始まったばかりのブランドですが教室としてはバリ島とのコネクションが強く教室主催の長期リトリートなども主催しています。ウェアの着心地も柔らかいコットン素材とやっぱりどこかバリ島を思い出すようなパターンデザインなどでとっても可愛いです。

着用した感じはこんなかんじです。(いつものスタジオの裏で撮ってみました)

暑い国で発信しているせいなのかロングパンツにこうした仕掛けがあるデザインが多く風通しがよくて気に入りました

お尻部分についているロゴも可愛いですね!

これからきっとインターナショナル部門も活性化してくるであろう注目ブランドでした。
それでは素敵な日曜日をお過ごしください!