• Blog
  • 牡蠣の呪い

牡蠣の呪い

2019-06-20 / japan

聞いて下さい。ノロウイルスにかかっていました。

しかも生牡蠣を覚悟して食べたのであれば

この撮影時は「わー美味しそう!」と無邪気に撮っていたわけですがこちらの牡蠣で当たりました。記念に晒します…

 

「まあ地元北海道の美味しい生牡蠣をこれだけ食べられたのだからもう悔いはない」くらい思えるかもしれないところですが、普通になんてこと無い「海鮮パスタ」に入っていた牡蠣に当たったので「一寸先は闇」そんな言葉が頭をよぎりました。

ノロウイルスとは通常潜伏期間は40時間〜48時間、発症から1〜2日で症状が収まるらしいですが私の場合何故か熱が40度まで上がり入院しました。入院したからといって対症療法しか出来ずこれなら自宅にいたかったというところでしたが

実家が教育関係のお仕事なため感染防止に私が家を出た…という感じです。

症状にかんしては皆さんも周りに一人はいるノロウイルス生還者から嫌と言うほど聞いたことがあるでしょうから割愛しますが、これは一人暮らしの若者や子供なら本当に死んでしまうんじゃないでしょうか?

しかもアルコールじゃ除菌できないって凄くないですか?バイオテロか何か?

江戸時代とか鎌倉時代等の昔にもこんなウイルスってあったのでしょうかね。

ここ最近「なかなか体重落ちないな〜」なんてのんきに考えていたところでしたが

発症日から計算するとマイナス4.2キロいきなり落ちました。

これは多分水分を失った部分も計算すると実質3キロ半くらいでしょうがすごいダイエット法というか

ようは食べなければ痩せるって本当なんですね。

基本的に自分の体で試すのが好きなので今までもタトゥー以外は色々試してきましたが(断食・腸内クレンジング・色々えぐいモノまで)

今回の体験はナンバーワン☆

この年令で40度を超える熱が出たとき「わーすごい。皆よく小人などの幻覚が見えるというけどいつ頃見れるのかな」と待ってましたが私の場合は幻覚はなくとにかく体中が痛い感じでした。思っているより頑丈な体なのかもしれません。あと1−2℃上がっても大丈夫そうでした(脳のほうはどうかわかりませんが)

生牡蠣に白ワインの取り合わせがとにかく好きでオーストラリアで牡蠣の食べ比べをしたとき「まあ、明日は締切ないし当たるときは当たるよね!」等言っていた私でしたが

本当にごめんなさい。そういう次元の話ではなかったことをここに戒めの意味もこめて書いておきます。

 

ブリスベンで生牡蠣とワイン会してたみんな…私今年中はさすがにもう牡蠣食べられそうにないです(私信)