• Blog
  • スチューデントアコモデーションの思い出

スチューデントアコモデーションの思い出

2019-04-05 / Aussie Life

皆様おはようございます。

私はカンタス航空の「こんにちはジャパン」セールで日本行きの片道チケットを無事買えました。

こういう「これから8時間のセール!」みたいな時間限定セールをことごとく外してきた過去3年くらいだったのでちょうど探していた時にちょうど購入出来たことが嬉しく幸先良い気がしております。

 

ところでこの前ふと昔スチューデントアコモデーションで知り合った男の子が教えてくれた南アフリカ料理を食べたくなり作ったら美味しかったので皆さんとシェアしようかと思いました。

オーストラリアには「スチューデントアコモデーション」という基本的には学生対象のキッチン、トイレ共同の宿泊施設があります。家賃も安め。

今はブリスベンのシティにとってもモダンな施設が増えそんなに周りの学生との交流があるかはわかりませんが私が留学生として利用した15−6年前は

大きな一軒家を共同で住んでいるようないわゆる日本の感覚でいうと寮のようなところがわりとありました。

英語もたいして出来ない時によく泊まったものですが

周りの人達も外国から来た学生が多く楽しかった事を覚えています。

 

その時に出会った学生が台湾から来た男子学生と南アフリカから来た男子学生の2人がよく仲良さそうにつるんでおり、キッチンを使用する時間が合っていたせいかよくその2人組と話していました。

ある日の夜は自分の英語力の乏しさから何かコミュニュケーションがうまくいかない日で暗い気持ちになり

寝入りばなに何か悲しい夢を見て起きてしまい、温かいものでも飲もうとキッチンに降りて行きました。

すると例の2人がキッチンでワイワイ何か話しておりました。

時間的には多分もう1時とか2時の夜中だったのですが、「どうしたの?」と聞かれたので「怖い夢を見た」と伝えると「それは良くない!何か食べよう!」という話になり南アフリカ出身の男子が「それでは僕が南アフリカでよく作る絶対美味しい料理を作ってあげよう」と言い出しました。

「いいよいいよ」と遠慮したのですが「簡単だから!」というので作り方を拝見。

・牛肉

・白ワイン(安いもの)

・にんにく

・マッシュルーム

・オリーブオイル

ジャスミンライス

・サワークリーム

・レモン

①ジャスミンライスをお鍋で炊きます。

②にんにくを薄くスライスしたものをオリーブオイルと一緒に少し色づくまで焼き牛肉を投下。

③焼き色がついたら白ワインを入れて揮発させマッシュルームを入れ最後にサワークリームを大きなスプーンでどぼっと入れ混ぜ、レモンを絞り

④炊きあがったジャスミンライスの上に乗せる。

 

ものすごいあっという間に出来たのですが「自分で塩コショウして食べて」とサーブしてくれて一口食べたらとっても美味しかったんですよね。

果たしてこれが本当に「南アフリカ料理」なのかは謎なんですが

その後もこの男子学生はよくこのレシピを作っていたので間違いなく彼の自宅ではよく作られていたものなのでしょう。

夜中の1時にまるで日本の牛丼みたいなメニューを食べてる…と思ったのですが

皆で「美味しい美味しい」と食べた事がとても良い思い出で、ここが外国でも台所に降りてくると誰かがいて何か話せるのは孤独にならなくていいなとしみじみした思い出です。

あの時の学生達は皆今どうしてるんでしょうか?

今もあのレシピを食べているのかな?

などと思いながらたまに作って食べています。

簡単なので是非お試し下さい!

記事とは関係ないのですがそろそろイースター。このイースター・バニーチョコレートネタが好きに毎年どこかしらに出してしまう私…こういううさぎ型のチョコレートが沢山売られているのですが「お尻が痛いな!」「え?」といっています。つまりお尻をかじられたうさぎと耳をかじられたうさぎなので何を言ってるかわからない。っていうオチなんです〜hahahaha~
(・・・)